ヨガ教室で学べるヨガの種類とそれぞれの特徴

基礎知識

一口にヨガと言っても非常に多くの種類が考え出されているため、初心者はどれを学んだらいいのか迷ってしまうものです。

古代インド発祥で2,000年以上の長い歴史を持つヨガも今では世界に広がり、伝統的なヨガのスタイルだけでなく多種多様のコンセプトに基づいたバリエーションが存在します。

国内のヨガ教室で人気を集めている代表的なヨガの種類とそれぞれの特徴について、4つのタイプ別にまとめてみました。

ヨガ教室で学べる伝統的なヨガの種類

最近では斬新なスタイルのヨガを取り入れるヨガ教室が増えていますが、伝統的なヨガを教えている教室は現在でも少なくありません。

本場インドが生んだ伝統的なヨガの中でも、国内のヨガ教室で学べる代表的な種類は以下の通りです。

・ハタヨガ
・ラージャヨガ
・クンダリーニヨガ
・シヴァナンダヨガ

ハタヨガ

ハタヨガは最も基本的なヨガとして知られるほど長い歴史を持ち、他のあらゆるヨガはハタヨガをベースとして考案されてきたと言っても過言ではありません。

ヨガ教室でもハタヨガを教えているクラスは多く、ヨガの基本や呼吸法とともに精神のバランスや自律神経を整えるポーズが学べます。

ラージャヨガ

サンスクリット語で「王」という意味の「ラージャ」に由来するラージャヨガはポーズをそれほど重視せず、精神面の平穏や集中力を高めることを目的とする瞑想を中心とした上級者向けのヨガです。

クンダリーニヨガ

ヨギ・バジャン師が創始したクンダリーニヨガはポーズと呼吸法・瞑想・マントラ(唱和)を組み合わせ、人体の中枢を意味するチャクラの活性化を目指していきます。

シヴァナンダヨガ

シヴァナンダヨガは12の基本ポーズと2つの呼吸法を駆使し、ポーズとポーズの間に休憩ポーズを入れるのが特徴の伝統的ヨガです。

ヨガ教室で学べるエクササイズ系ヨガの種類

インドで考え出されたヨガは欧米にも広まり、現代的でエネルギッシュな新しいヨガが米国を中心に考案されてきました。そんなエクササイズ系のヨガには以下のような種類があります。

・パワーヨガ
・ハリウッドヨガ
・アシュタンガヨガ
・ヴィンヤサヨガ

パワーヨガ

米国のロドニー・イー氏が考案したパワーヨガは立って行うポーズが主体で、運動量が多くエクササイズの性格が濃いタイプのヨガです。ダイエットやストレス解消にも役立つせいか、パワーヨガは米国のセレブ層に人気を集めています。

ハリウッドヨガ

ハリウッドヨガもヨガとエアロビクスを融合したようなエクササイズ系のヨガで、音楽に合わせてテンポよく次々とポーズを変えていくのが特徴です。

アシュタンガヨガ

インド発のヨガでもアシュタンガヨガはエクササイズ要素が強く、パワーヨガの手本にもされたほどの激しい動きを伴います。

ヴィンヤサヨガ

ヴィンヤサヨガもこのアシュタンガヨガをベースとしているだけに運動量が多く、途切れることなくポーズを取り続けるスタイルはダイエット目的にも最適です。

ヨガ教室で学べるスローなヨガの種類

女性の中には運動が苦手だったり妊娠中だったりして、激しい動きを伴うヨガに取り組むのが難しいという人も少なくありません。

そんな人でも無理なくチャレンジできるスローなタイプのヨガには、以下のような種類が挙げられます。

・陰ヨガ
・マタニティヨガ
・骨盤矯正ヨガ
・アイアンガーヨガ

陰ヨガ

陰ヨガは1つ1つのポーズに5分程度の長い時間をかけるのが特徴で、大半のポーズは座位または寝位で行います。運動量は多くない代わりに呼吸を重視し、リラックス効果や集中力を高める効果を狙うのが陰ヨガの目的です。

マタニティヨガ

妊娠中の女性でも安心してできるようにと考案されたマタニティヨガは不安定になりがちな体調を整えるとともに、メンタル面のバランスを整える効果も期待できます。

骨盤矯正ヨガ

骨盤矯正ヨガはデスクワークなどで歪みがちな骨盤を調整するだけでなく、ダイエットや腰痛の改善・産後ケアにも役立つ健康ヨガの一種です。

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガはブロックやベルト・椅子などさまざまな道具を使うのが特徴で、解剖学的な理論に基づながら1つ1つのポーズを丁寧に行うように指導されます。

ヨガ教室で学べるユニークなヨガの種類

国内のヨガ教室ではこの他にも多種多様なヨガを実践しており、伝統的なスタイルにこだわらないヨガ教室が増えています。そうした中でも人気を集めているヨガの種類は以下の通りです。

・エアリアルヨガ
・ホットヨガ
・クリパルヨガ
・リストラティブヨガ

エアリアルヨガ

ヨガと言えばヨガマットの上で座ったり立ったりしながらポーズを取る姿を思い浮かべがちですが、エアリアルヨガは空中ヨガとも呼ばれる独自の解放感が特徴です。

天井から吊るされた布に体を預けるようにしながら空中でポーズを取るのがエアリアルのスタイルで、運動量は少なめのためヨガ初心者にも人気を集めています。

ホットヨガ

ホットヨガは室温40℃湿度60%前後という高温多湿の環境下でヨガを行うことにより、大量の汗をかいて老廃物の排出を促すのが目的の健康的なヨガです。

クリパルヨガ

クリパルヨガはポーズよりも伝統的なヨガ哲学に基づたセラピー要素を重視するヨガの流派で、自分自身の内面と向き合うことで心の安定や癒やしを追求していきます。

リストラティブヨガ

さまざまな道具を使いながら1つのポーズを5分から10分も持続させるリストラティブヨガも、深いリラックス効果を狙うユニークなヨガの1つです。

まとめ

以上のように各地のヨガ教室で行われているヨガにも多くの種類があって、それぞれ目的や運動量が異なります。

ヨガ教室を受講する際には料金や通いやすさといった点を重視して選びがちですが、どの教室でどのような種類のヨガを教えているのかという点もチェックすべきポイントの1つです。

自分に合った種類のヨガが学べる教室を選べばそれだけ長続きしやすく、初心者でもヨガの達人を目指せるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました