色やデザイン重視じゃダメ!正しいヨガマット選びのポイント

基礎知識

ヨカを始めるに当たって、どうしても必要になるのがヨガマットです。

ヨガ教室でレンタルできる場合もありますが、レンタルできないなら自分用のものを買ってしまった方が楽ですね。

初心者だとどんなヨガマットがいいのか迷ってしまいますから、択び方のポイントについて紹介しましょう。

ヨガをするのにどうしてヨガマットが必要なの?

別にヨガマットなんてなくても、ヨガはできるんじゃない?と思う人もいるかもしれませんね。
ヨガのポーズを取っている時は体勢が不安定になりますし、効率よく安全にヨガをするためには必要なものです。

ヨガマットはクッション性がありますから、衝撃をしっかり吸収してくれてすべるのを防止する効果があります。

ちょっと転んでしまっても怪我をしにくいですし、すべりやすい床でポーズを取りやすくしてくれます。

汗をしっかり吸収してくれますし、床の冷たさを感じにくくする働きだってあります。
見た目以上に機能性に優れていますから、ヨガをする時にはヨガマットが必需品になるというわけですね。

ヨガマットの大きさは体に合わせる

ヨガマット選びで一番重要なのは、大きさですね。
大きければいいというものではなく、自分の体格に合ったものでないと使いにくいです。

自分の身長+10cmというのが基本ですから、160cmの人は170cmのヨガマットが合っています。
大きいものが欲しくなるかもしれませんが、大きくなるとかさばってしまって持ち運びしにくいですね。

小さいものだと安全にヨガがしにくくなりますから、自分の身長+10cmのものを選びましょう。
横幅の差は5cm程度しかありませんから、好みでかまいません。

だいたい61cmから67cm程度のものがよく売られています。

長ささえきちんと自分に合ったものなら、横幅はそれほど意識しなくてもいいでしょう。
色や素材などを優先して、好みのものを選びましょう。

クッション性に関わる厚さもチェック

ヨガマットの厚さも、選ぶ時にしっかり見て選ぶのが大事です。
1mm程度のペラペラのものもありますし、10mm以上もの厚みがあるタイプもあります。
3mmから5mm程度のものは薄めで持ち運びに便利です。
ヨガを始めたばかりの初心者向きで、立ちポーズの多い初級者クラスに通っている人にぴったりです。

クッション性はあまり高くありませんが、立ちポーズなら十分に効果を発揮してくれます。
6mmから9mmくらいのヨガマットが一番人気があって、初心者から中級車以上の人でもよく使っていますね。

クッション性も十分ですし、座ったり寝たりして取るポーズの時でも、体への負担がかかりにくいです。

ある程度厚みがありますから、家でDVDを見ながらヨガをしたい人にもおすすめです。
10mm以上もあるヨガマットはハイレベルな上級者や、筋トレなどを家でしたい人向けです。
かなり厚みがありますから、持ち運びするのには不向きですね。

その分弾力は十分ですし、ハードな運動をするのにも適しています。

汗をしっかり吸収するなど機能性にも優れたタイプが多いですから、上級者以上か家で筋トレやエクササイズ用に使いたい人ならぴったりです。

機能性に関わる素材で選ぶ

ヨガマットの素材も色んなものがあります。

合成繊維などの安くて軽い素材から、天然ゴムやコットンなどの天然素材、畳やコルクなどもありますね。

初心者向けでどこにでも売っていて、値段が安いのがPVCことポリ塩化ビニールです。
基本的な機能は果たしてくれますが、洗えないので傷んできたら買い替える必要があります。

とりあえずヨガマットを買いたいという、初心者の人にはぴったりです。
EVA樹脂も安くて手に入りやすく、初心者向けです。

PVCよりも軽いですから、ヨガ教室に持って行くのに適していますね。
TPEこと熱可塑性エラストマーは、中級車向けの素材です。

ヨガマットとして一番普及していて、軽いのに耐久性も高いですね。
水吹きできますから清潔に保つことができて、メンテナンス性も抜群です。
天然ゴムや合成ゴムは、すべりにくくてグリップ力が高いのが魅力です。
しっかりポーズを取りたい中級車以上の人にぴったりですね。

耐久性にも優れていますから、長持ちしてくれてコスパは悪くありません。
麻やコットン畳などの天然素材は、表面だけに使われていて、下は合成繊維という場合が多いです。

汗などをしっかり吸収してくれて肌触りもいいですから、快適にヨガが楽しめます。
他の素材よりもお値段がやや高めですから、お財布に余裕があれば使ってみましょう。

まとめ

ヨガウェアと共に、ヨガマットも色やデザイン重視で選びたくなる人もいることでしょう。
しっかりとポーズを取れるかどうかがヨガには一番重要ですから、選び方のポイントを押さえてサイズや厚さなどを重視して選ぶのが大事ですね。

また、レベルによって向いているヨガマットにも違いがあります。
選び方のポイントをしっかりと押さえて、サイズや厚さ、素材などから絞り込んで、最後に見た目にこだわるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました