ヨガの効果を高めるために知っておきたい時間の考え方

健康

ヨガの効果を高めたいと思っている人はどのくらいの時間やったら良いのかで頭を悩ますこともあるでしょう。

たくさんやれば効果が上がるのか、あまり時間がないときにはやる意味がないのかなどといった疑問が生まれてくる場合がよくあります。

また、ヨガをする時間は朝と昼と夜ではいつが良いのかという疑問を持っている人もいるでしょう。

このような悩みを解決して、ヨガの効果を十分に発揮させられるようになりましょう。

ヨガ教室ではどのくらいのレッスンが普通か

ヨガの効果を高めるには一回あたりどのくらいの時間やれば良いのかと悩む人は大勢います。

ヨガ教室では一回にかける時間が45分~90分くらいで、ホットヨガの場合には少し長めになっているのが一般的です。

レッスンの中で色々なことを教えなければならない影響もあって実際にヨガをしている時間はもう少し短いでしょう。

ヨガ教室の長さから考えると30分から60分程度で効果があると考えることができます。

実際にはヨガはどのくらいの時間続けると効果があるのか

ヨガ教室の実態を考えると30分~60分で高い効果が得られると考えられますが、もっとやったら効果が高くなるなら頑張りたいという人もいるでしょう。

逆に10分しか時間がないときにちょっとだけヨガをするのは意味がないのかと考えてしまう人もいるかもしれません。

実際にはたった2分だけヨガのポーズを取っても効果が全くないわけではありません。身体のストレッチになって循環が良くなったり、気分転換になって心がリフレッシュされたりする効果があると考えられるからです。

ただ、新陳代謝を向上させたり、ダイエットをしたりしようとする場合にはあまり短いと効果がないでしょう。一方、長くやれば効果が上がると必ずしも言うことはできません。

体を引き締めたいと思っているなら長くやればそれだけエネルギーを使うので効果は上がります。しかし、慣れないのに無理に長時間やってしまって体が痛くなってしまうこともあるでしょう。

心身の疲労改善のためにヨガを始めたものの、長時間のヨガで疲れ果ててしまっては本末転倒です。

目的によって適切な時間がどのくらいかは異なるので、30分~60分を目安にして適宜増減させていき、自分にとって最適な時間を見つけ出すようにしましょう。

ヨガをする時間帯によって効果は違うのか

ヨガをする時間の長さだけでなく、一日の中での時間帯も効果の高さを左右するのではないかと考えるのはもっともなことです。

時間帯によって心身の状態にも違いがあるため、ヨガをしたときに得られる効果が異なるのは確かです。

ただ、朝昼晩のいつがベストと一概に言うことはできず、基本的には取り組みやすい時間を選んでしまって問題はありません。時間帯ごとの違いについて簡単に理解し、いつヨガをするかで悩んだときの参考にしてみましょう。

朝起きてすぐの時間帯はまだ体が固まっていて意識もはっきりとしていない状況のことが多いでしょう。

このタイミングでヨガをすると眠っている身体に喝を入れることができ、活動的な一日を過ごせるようになるのが特徴です。高い集中力を朝から発揮できるようになり、生き生きとした生活を送れるようになります。

ただ、まだ体をあまり動かしていない時間帯なので一気にヨガを始めると体を痛めてしまうリスクがあります。慎重にゆっくりとした動きでヨガをするのが大切です。

一方、夜になると体は既にほぐれているので怪我をしにくく、さらに柔軟性を高めるのに適しています。一日の疲れが出ているタイミングなので心身をリラックスさせるという目的でも優れているときでしょう。

ヨガによって心を鎮めることができれば夜の眠りも深くなると期待できます。しかし、ホットヨガなどの活発な動きをするヨガに取り組む元気がなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

この中道に当たるのが昼の時間帯です。ヨガを通して一度リフレッシュして気持ちを新たにできると夕方も頑張ろうという気持ちを起こしやすくなります。

デスクワークなどで凝り固まっていた体をほぐすと仕事もスムーズに進むようになるでしょう。

仕事をしている人の場合にはまとまった時間を取りにくいという問題はありますが、ちょっとした昼間の時間を見つけてヨガに取り組むのには高い効果があります。

まとめ

ヨガをするときの目安の時間は30分~60分くらいですが、求める効果によってどのくらいの時間やったら良いかは異なります。ヨガをする目的によって隙間時間にやれば十分なこともあれば、できるだけ長い時間取り組んだ方が効果が上がる場合もあるのです。

自分の場合にはどのくらいがベストなのかを試行錯誤を通して見出すようにしましょう。

また、ヨガをする時間帯によって得られる効果にも違いはあります。必ずこの時間帯にやらなければならないというルールはありませんが、目的に応じて適切なタイミングにできるようにスケジュールを立てるのが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました