安いヨガ教室の持っている特徴を料金の内訳から理解しよう

基礎知識

ヨガ教室を選ぶときにはできるだけ安い方が良いと考えるのはもっともなことでしょう。

安いところを選び出すにはどんなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

どのようにして料金が決まっているのかを理解し、コストパフォーマンスが高い教室を選び出せるようになりましょう。

ヨガ教室の料金の内訳を知ろう

安いヨガ教室を選び出すために前提として理解しておきたいのが料金設定がどのようにして行われているかです。基本的には事業として利益を得なければならないため、経費に加えてマージンを設けることにより利益を獲得できるようにしています。

換言すれば経費部分がどのくらいかかっているかによって料金が大きく変化するのです。

経費として代表的なのが

  • 設備費
  • 管理費
  • 人件費

の三つです。設備費とはヨガ教室の入っている部屋や建物の賃料、備え付けられている備品の購入費用やリース費用、メンテナンス費用などが典型的なものです。

魅力を感じてもらうために設備を充実させたり、集客力を上げるために都会の一等地に広い教室を用意したりすると設備費がかさむことになります。

管理費としては顧客管理システムの運用費、教室内のクリーニング費用、宣伝広告費用、ホームページの運営管理費などがあります。

アルバイトの人が多い場合にはシフト管理システムの運用費などもかかることがあるでしょう。

システムに投資をしたり、宣伝広告に力を入れて集客を図っていたりすると大きな管理費がかかることになります。

人件費はヨガのインストラクターや受付担当者に対して支払われるものが主なものだと考えてしまうかもしれません。

しかし、実際にはヨガ教室の宣伝広告のために広報課が設けられていたり、ホームページ運営のためにエンジニアが雇われていたりすることがあります。

小規模なヨガ教室で経営者が自らインストラクターも広報担当もしているというような場合には人件費はかかっていません。

マージンの大きさはどのようにして決まるのか

ヨガ教室の料金にはマージンの大きさも多大な影響を与えますが、どのようにしてマージンの割合や金額が決まっているのでしょうか。一般的にはどのくらいの利益を利用者一人から得なければならないかを計算してマージンの大きさを決めています。それに加えて周辺のヨガ教室における相場を考慮して著しく高くなってしまわないようにするのが通例です。集客力をあげたいというときにはキャンペーンを実施して一時的にマージンを減らすこともありますが、一度決定した通常料金は変動させない傾向があります。このような事情を考慮すると利用者が十分に集まっているヨガ教室の方がマージンを小さくできることがわかります。

安いヨガ教室の特徴とは

このような料金設定に関わる費用の内訳やマージンの設定の仕方がわかると、どんなヨガ教室の場合に安くなっているかがわかるでしょう。

あまり積極的な宣伝広告をせず、設備についても大きな投資をせずに最小限の設備で運営しているヨガ教室は安い傾向があります。

また、立地についても都心ではなく郊外にしている方が安いというのが一般的です。

個人経営のヨガ教室の方が人件費が少なくて済むので大手に比べて安いと考えてしまいがちですが、大手の方が集客力があって利用者一人あたりのマージンを小さくしやすく、あまり料金には差が生じていません。

個人経営でも大手並みに混み合っているヨガ教室を見つけられればかなり安上がりになる可能性があります。

キャンペーンを狙えばさらに安い

通常料金で比較した場合にはどんな条件が満たされていれば安いのかを判断できるようになったでしょう。しかし、本当に安い料金で利用したいと思ったらマージンを大幅に下げているタイミングに申し込むことも大切です。

先に述べたように集客力をあげたいという発想でキャンペーンを実施しているケースがしばしばあります。初回は無料だったり、数回は割引で利用できたりするキャンペーンが典型的です。

このようなキャンペーンのタイミングで申し込めばかなり安くなるので情報収集を怠らないようにしましょう。

もともと通常料金が安いヨガ教室でキャンペーンを行っていれば、他では追従できないほど安上がりになる可能性があります。

まずは安い条件を満たしているヨガ教室に絞り込み、キャンペーンが開始されたときに利用を始めるのが賢明です。

まとめ

ヨガ教室の料金は設備費、管理費、人件費といった必要経費に加えてマージンを設けることにより決定されているのが一般的です。

設備や運営システム、宣伝広告などにお金をかけているヨガ教室ほど料金が高くなる傾向があります。個人経営で人件費がかかっていなかったり、人気が高くて大勢の利用者がいたりする場合にも料金が安いのが通例です。

このような特徴を持っているヨガ教室がキャンペーンを実施しているとマージンが小さくなるのでコストパフォーマンスが高くなります。

安い条件を満たしているヨガ教室を探し、キャンペーンの実施中に申し込むようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました