産後ヨガはメリットだらけ!いつぐらいからどんな人がやれば効果的?

健康

女性の何よりの大仕事といえばお産です。これを終えた後は達成感に満たされるのは、どんなお母さんでも同じことです。

しかしふと気がつくと、身体のバランスや体調がいまいち、ということも多いですよね。

10ヶ月もの間赤ちゃんをお腹にいれていて、その状態に慣れきっていました。以前とは少しずつ気が付かないうちに、身体のバランスも変化していたはずです。

加えて今度は赤ちゃんを、激痛とともに産み出したんですから、もちろん体内にも外にもに変化があって当然です。

産後鬱になる人が多いのも、この体調や身体全体の変化にも原因があるのです。ここは産後ヨガで、出来るだけ身体を整えて行くことにしませんか。

産後ヨガってどういう効果が?

産後のお母さんの身体は、自覚しているよりも疲れていますし、変化が大きいものです。
骨盤も開ききっています。体型も激変しています。体重もいきなり減少していたりします。

何より最も辛いのが、疲労です。赤ちゃんを生んだ時の疲れがまだ取れないうちに、今度は育児に追われるのですから、疲れているのは当然です。

そして育児のストレスもまた、見逃せません。

これらが回り回って、マタニティ時よりも身体に問題が多いのが、産後なのです。

これらの問題を、まずは呼吸を整えるとともに解決していくのが、産後ヨガです。深い呼吸と、骨盤や体型の矯正などゆっくりと行えるのがこのヨガなのです。

特に疲れを感じているお母さんには、リフレッシュも兼ねて利用していきたいですね。

産後ヨガはこんな人に最適

すべての人、産後の全てのお母さんにこのヨガをやって欲しいのは当然ですが、こんなタイプの人には是非行って欲しいです。

とっても真面目な女性

真面目な人ほど自分を追い詰める事が多いです。なので産後など、赤ちゃんが泣けば自分のせいだと思いこんでいる場合が多いです。

また、まだまだお産の疲れが大きく残っているのに、家の中のことは完全にやらなくてはと、疲れに拍車をかけてしまう人多いですね。

こうした真面目なお母さんたちは、その長所で自分を追い詰めていってどんどん疲れをひどくしてしまいます。

産後ヨガで、身体だけでなく頭のリフレッシュも図ってほしいです。

大きな赤ちゃんを生んだ女性

とっても立派な大きな赤ちゃん、元気で周囲にも喜ばれます。しかし大きな赤ちゃんを産む時には、お母さんにそれなりに負担がかかることになります。

お産の軽い重いは、その後の回復にも影響します。赤ちゃんが大きいとどうしても、産道を通るのに苦労してお母さんの骨盤など、ずらしてしまうんですね。

その後の子宮の収縮も、かなりきついものになります。

この不調を少しでも軽減するために、産後ヨガを利用してください。

産後ヨガはいつから始めるといいの?

お産という大仕事の後なので、早々早く運動は始められません。かかりつけ医とも相談して、開始するようにしてください。

平均的には、普通のお産の場合大体1ヶ月後には医師の許可がおります。帝王切開の場合は、予後の問題もありますが、大体2ヶ月と言ったところです。

まあ1ヶ月から2ヶ月というのは、夜の授乳などで疲れがピークに達しているあたりなので、産後ヨガを開始するにはちょどういい時期、と言っていいでしょう。

いずれにしてもこのヨガは、産後の身体を整えて楽にするためのものです。なので決して無理をしないようにしてください。

特に普段から運動している人のほうが無理しやすいので、そういった人は医師から許可が降りるまでは我慢してくださいね。

産後ヨガってどんなポーズがあるの?

代表的な産後ヨガのポーズを紹介します。
最初に赤ちゃんのポーズです。赤ちゃんを生んだお母さんが赤ちゃんのポーズというのも、ちょっと笑えますが楽しいものです。

自分が赤ちゃんになったつもりで、リラックスしてみましょう。やり方は簡単で、仰向けに寝て両膝を両手で抱えます。お腹の中にいる赤ちゃんの形です。
息をゆっくりと吐きながら、ももを胸の方に引き寄せていきます。
このポーズは骨盤矯正やお腹周りのシェイプに加えて、胎児の姿勢によるリラックス効果も期待できます。

次におすすめしたいのが、合蹠のポーズです。床に座って足裏を合わせるようにして自分の方に持ってきます。

あぐらですが、足の裏が合わさっている状態ですね。背中を伸ばしたまま膝を軽く揺すって、股関節を緩めるイメージを持ってください。

その後大きく息を吸って上体を伸ばし、息を吐きながら今度は前に曲げていきます。下で深呼吸してから、ゆっくりと上ってきてください。

股関節を緩める効果に加えて、骨盤の歪みの調整や血流促進にも効果があります。産後の尿失禁などに悩まされている人には、効果的です。

寝付きも良くなりますが、まあ夜泣きで起こされているお母さんは、寝付くどころか墜落睡眠状態かもしれませんね。

このポーズは少々きついので、股関節が固めの人とか、ポーズをとったらかなり痛む場合は、無理を絶対にしないでください。

まとめとして

ヨガというものは目的は色々でも、何よりも行う人の体調の改善、身体の不調を軽減などの共通の効果があります。

産後の不調に対しても、授乳などので睡眠不足や育児のストレスにも、産後ヨガはしっかりと役立ってくれます。

ただしあくまでも無理はせず、医師の許可を受けてから始めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました