ヨガ教室を個人で開業するために知っておきたいこと

その他

ヨガにずっと取り組んできた人の中には、これは実は起業のネタになるのではないかという発想が出てくる人もいるでしょう。

ヨガ教室を開いてレッスンをしていき、レッスン料を払ってもらうようにすれば事業として成り立つと考えられるからです。

実際に個人事業主としてヨガ教室を開いている人もいますが、開業して成功するためには知っておきたいポイントがあります。

重要な点を三つ紹介するので起業したいと思ったときには参考にしてみましょう。

他のヨガ教室との差別化を図ろう

ヨガ教室を始めたいときに最も重要なのがレッスン生をいかにして獲得するかです。既に周辺にヨガ教室がいくつもあるという場合には、ヨガに興味を持っている人の多くが通う先を持っているでしょう。

通い始めてしまうと他に移るということはあまりないのは事実で、ヨガに興味を持っているけれど魅力的な教室がないと思っている人たちをターゲットとしてヨガ教室を作り上げることが重要になります。

個人事業は自由度が高いのがメリットだということを念頭に置いて、他のヨガ教室と差別化できるようにするのが大切です。

同じようなプランや料金でヨガ教室を立ち上げても、大手の教室と競争して勝てることはまずありません。

プランも料金もほとんど同じなら実績があることや知名度が高いことを優先して選んでしまう人が多いからです。

今までヨガ教室に通うかどうかで悩んでいた人も見向きをしてくれることはほとんどないでしょう。重要なのは自分の開く教室にしかないものを一つでも多く作り出すことです。

それが単純に安いだけでも問題はありませんが、例えばダイエットに関してのノウハウがある、ヨガと併せて受けられるレッスンがあるなどといったサービス内容の違いであれば大きな強みになります。

このような差別化戦略を練って開業することを考えるとレッスン生を獲得しやすくなるでしょう。

資金計画をしっかりと立てよう

ヨガ教室を個人が開くときにかなり重要なのが資金計画です。ヨガ教室にする物件を借りることがまず必要になり、毎月賃料や水道光熱費を支払うことになります。

ヨガは設備備品としてヨガマットやヨガポールなどを準備すれば良いだけなのであまり大きな予算が必要ないのはメリットで、基本的には維持管理に必要な費用だけ確保できれば問題ありません。

インストラクターを自分がやれば人件費もかからないのでかなりランニングコストは抑えられます。ただ、何人のレッスン生を確保できれば賃料などをまかなえるかという視点を持ち、レッスン料も決定することは必要です。

近くにあるヨガ教室のレッスン料がいくらになっているかも調査して決めることも重要で、あまりにも高いとレッスン生の数が少なくて収入に困ってしまうことになります。

本当に利益を生めるのかというのは最初の時点でよく考えておかなければならないのです。

また、特に初期には宣伝広告にお金をかけることも必要になるでしょう。

その資金をどこから確保するかを考え、創業融資などの利用も考慮して資金不足で困らないようにしておくのが肝心です。

インストラクターとしての魅力をはっきりとさせよう

なんとなく趣味の延長線上でヨガ教室を開業しようと思っている人もいるかもしれません。しかし、ビジネスとしてヨガを活用する場合にはいかにして魅力がある教室にするかを考え、レッスン生を一人でも多く獲得することが重要になるということは念頭に置いておきましょう。レッスン料の安さやサービスの内容の充実度はヨガ教室選びの重要なポイントになりますが、もう一つ意識しておきたいのがインストラクターの魅力です。自分がインストラクターとしてどんな魅力を持っているのかを分析し、しっかりと宣伝広告のときにアピールしましょう。資格を持っている、キャリアが長い、他の教室でインストラクターで働いていたなどといった様々な観点からアピールすることができます。可能であれば他のヨガ教室との差別化も考慮して何を強みとして宣伝していくかを考えるようにしましょう。必ずしもヨガのスキルや経験にこだわる必要はなく、レッスン生に対する接し方などをアピールしても構いません。顧客視点でどんな魅力があるインストラクターなのかをよく考えてみるようにしましょう。

まとめ

ヨガ教室を個人で開業したいと思ったときに重要なのがきちんと利益を得られる事業に仕上げることです。

資金計画を立てて赤字経営にならないようにしつつ、他のヨガ教室と差別化できるポイントを作り出すようにしましょう。

また、インストラクターとしての強みを見つけてアピールしていくのも重要です。他のヨガ教室にはない魅力を宣伝できるように準備を整えてから開業するようにすれば成功できる可能性が高まります。

ヨガの経験を生かして教室を開きたいと思い立ったらすぐに開業するのではなく、しっかりとした経営戦略を立ててから始めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました