肩こりや腰痛はヨガのポーズで改善していこう

健康

肩こりや腰痛のような身体の不調に悩まされている人にとってヨガに取り組むのは解決策になる可能性があります。

ヨガがなぜ肩こりや腰痛を改善させられると考えられるのでしょうか。

ヨガのポーズを取ることによって肩こりや腰痛を解消するように身体に働きかけることができるので、その基本的な原理とやり方について知っておきましょう。

肩こりや腰痛の原因はそもそも何なのか

ヨガのポーズと肩こりや腰痛についての関連性を理解する上で欠かせないのが、そもそも肩こりや腰痛の原因が何かということです。

実は原因は一つに決まっているわけではなく、人によって根本的な原因がどこにあるかは異なっています。肩こりの場合には典型的なのが運動不足と血行不良です。

デスクワークをしていると肩がこってしまうというのはよくあるパターンで、ずっと肩を動かさない状態でいたために筋肉がこり固まってしまうのが原因になっています。

動かさないと血行が悪くなってしまい、老廃物が溜まってだるさや痛みなどの症状が出てくるのが一般的です。

そのような状況を続けているとだんだんと血管も細くなってしまい、血行不良がさらにひどくなることもあります。

一方、腰痛についてはよくある原因として知られているのが長時間の立ち仕事や骨盤の歪みです。長時間、姿勢を維持したまま立ち仕事をしていると腰に大きな負担がかかってしまいます。

少し斜めな姿勢の場合には特に影響が大きく、筋肉がこり固まって血行も悪くなっていることも稀ではありません。骨盤の歪みは出産に伴って起こりやすいもので、姿勢が曲がっているために腰に余計な負担がかかっているのが通例です。

このような問題に対してヨガのポーズはどのようにして働きかけられるのでしょうか。

ヨガのポーズは疲労回復につながる

ヨガのポーズが肩こりや腰痛の改善をもたらすのは疲労回復につながるからです。ずっと同じ姿勢をしていて肩や腰の筋肉に負担がかかってしまったのが原因の場合には特にヨガのポーズで改善できる可能性が高いでしょう。

こり固まってしまった筋肉をポーズを通してほぐすことができるからです。ヨガのポーズの特徴として、日常生活の中ではあまり動かさない方向に手足を動かすことや、普段は伸ばさないところまで筋肉を伸ばすことが挙げられます。

デスクワークや立ち仕事のときとは違う動きをすることで肩や腰の筋肉がほぐれ、こり固まったことによる違和感や痛みを緩和することができるのです。同じ形で筋肉を保たなければならないのは身体にとって大きなストレスになり、疲労を溜め込んでしまう原因になります。

デスクワークや立ち仕事の合間にヨガのポーズを取れば、肩こりや腰痛の予防が可能です。

仕事を終えた後にゆっくりと時間を取ってヨガをすれば翌日には疲労を残さないこともできるでしょう。

ヨガのポーズは血行を改善する

肩こりや腰痛の対策としてヨガが有効なのはヨガのポーズは血行を改善できるのも理由です。ヨガのポーズはストレッチとしての役割も持つのが特徴で、ゆっくりと身体を伸ばすことによって筋肉だけでなく血管にも適度な刺激を与えられます。

血行不良は筋肉が硬直してしまって血管が柔軟に動けなくなってしまっていることにより起こる場合がほとんどです。

ストレッチによって筋肉の緊張状態が緩和され、さらに物理的な刺激によって血管につまりがあったようなときにも血液が流れやすくなるでしょう。

一つにこだわらずに色々なヨガのポーズを取っていくことにより、様々な角度から血管を刺激することができます。それによって滞っていた血液の流れが正常になり、こりや痛みの原因になっていた老廃物を除去できると肩こりが腰痛が楽になるのです。

さらに、ヨガのポーズを取るときには腹式呼吸をするのが基本になっています。腹式呼吸は体内に酸素を取り入れ、不要な二酸化炭素を吐き出すのに適している方法です。

血行の改善と併せて作用することにより肩や腰の新陳代謝を活発にすることができるので、こりや痛みの改善を円滑に進むのです。ヨガの呼吸法も肩こりや腰痛の改善に影響していることは念頭に置いて取り組むようにしましょう。

まとめ

ヨガのポーズを取ると肩こりや腰痛を改善できるのは疲労回復と血行の改善に直結するからです。

デスクワークや立ち仕事によって肩や腰の筋肉が長時間にわたって緊張状態になっていたのが肩こりや腰痛の原因のことが多くなっています。

ポーズによって筋肉をほぐし、血液の流れを良くするように働きかけることでこりによる違和感や痛みを緩和させることができるでしょう。

一つのポーズにこだわらずにできるだけバリエーションを持たせて色々なポーズを取るようにすると筋肉や血管への刺激も多くなり、改善も速やかに進むと期待できます。

ヨガの呼吸法である腹式呼吸も改善に寄与するので、きちんと腹式呼吸を意識しながらポーズを取るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました