ヨガに取り組んでいくと自律神経に効果を与えられるのか

健康

現代社会では自律神経失調症に悩まされる人も増えてきています。

その予備軍ではないかと懸念しながら生活をしている人もいるでしょう。ヨガは自律神経を整えるのに良いということもよく言われていますが、本当に取り組むと良い効果を与えられるのでしょうか。

ヨガと自律神経の関連性について理解し、取り組む価値があるかを判断できるようになりましょう。

ヨガはもともと気をコントロールするための修行

自律神経に対するヨガの効果について理解する上で押さえておきたいのが、もともとヨガはインドなどの南アジアにおける修行の方法として用いられてきたという事実です。

修行僧として自らを律するための修行として取り組まれてきたヨガでは、瞑想によって精神を集中することで自分の中を流れる気をコントロールできるようにすることが目指されてきました。

それによって心身の機能を安定させられると考えられ、修行の方法から健康法へと考え方が広がり、日本でも多くの人に注目されるようになっています。

この起源を考慮すると、ヨガに取り組むことによって自分を司る気を自由に操れるようになると考えられるでしょう。

ヨガにおける気は西洋医学における自律神経に通ずるものがあるため、ヨガは自律神経に効果をもたらすと期待できます。具体的にヨガの何がどんな効果をもたらすのかを知っておきましょう。

腹式呼吸が生み出す刺激の効果

ヨガでは呼吸を意識して瞑想をするのが基本で、腹式呼吸を体得することが必要になります。

呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸の二種類があり、現代社会では胸式呼吸で普段から息をしている人が大半を占めています。胸式呼吸は大きく息を吸うときに肩が上がり、胸が上向きに膨らむのが特徴です。

短い時間で大量の空気を吸えるメリットがあり、全力疾走をしているときや緊張する場面に立たされたときには胸式呼吸になる傾向があります。

換言すれば、大きなストレスを受けているときに胸式呼吸になり、このときには心身の活動に緊張を与える交感神経が活発になるのが通例です。これに対して腹式呼吸は大きく息を吸うと肺の下にある腹部が膨らむのが特徴で、肺から上はあまり動きません。

ゆっくりとした呼吸になるので落ち着いた気持ちになりやすく、深呼吸を繰り返していると自然に腹式呼吸になる人もいます。

このときは交感神経と対をなしている副交感神経が活発になり、全身の神経活動もリラックスするように心身に働きかけてくれます。つまり、ヨガによって副交感神経の活動度を高め、心身に休養を与えることができるのです。

ストレッチによる自律神経への効果

ヨガではポーズを取ることによって筋肉や神経に程度な緊張を与えつつ、ストレッチをすることができます。ストレッチも自律神経に働きかける効果を持っていて、基本的には副交感神経を活発にする力があるのが特徴です。ゆっくりとした動作で筋肉を伸ばしていき、動作を止めて静かにするというヨガの動きは副交感神経に働きかける効果が大きく、腹式呼吸の効果と相まって作用します。夜に眠れない人がヨガによって改善できたというケースがよくあるのはこのような副交感神経への効果が大きいでしょう。

ヨガによる体幹トレーニングがもたらす効果

ヨガによる自律神経への効果は副交感神経を活発にさせることだけではありません。

あくまで自律神経は交感神経と副交感神経の適切なバランスを保つことが重要で、どちらかい方が強かったり弱かったりすると乱れが生じて体調などに悪影響が生じます。

現代社会ではストレスの影響で交感神経が優勢になっている人が多いため、副交感神経が強まるだけでも良い効果が得られることはあるでしょう。

しかし、ヨガには体幹トレーニングになる効果もあり、その影響で両者のバランスが整いやすくなっています。ヨガのポーズを通してできる体幹トレーニングは血液の流れを良くする効果があり、全身の神経活動に支障をもたらしていた原因を取り除くことができます。

血液の流れに運ばれてきた酸素が神経活動を補助し、血液が老廃物を持ち去ることで神経活動を滞らせていたものがなくなるからです。これによって交感神経も副交感神経も本来あるべき形で制御されるようになります。

まとめ

ヨガはもともと気をコントロールするための修行として行われてきたもので、ヨガにおける気とは西洋医学における神経活動に深い関わりがあります。

そのため、ヨガに取り組むことで自律神経を正常化して健康な体を作り上げられると考えられるのです。実際にヨガの基本的な呼吸法である腹式呼吸や、ポーズを取ることによるストレッチ効果は副交感神経を活発にすることが知られています。

さらに、ポーズを通して得られる体幹トレーニングには血液の流れを改善し、神経活動を本来あるべきバランスで行えるようにする作用があります。

そのため、ヨガに着実に取り組んでいけば交感神経も副交感神経も正常に機能するようになり、健康な身体を維持していけるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました