後悔しないヨガインストラクターの資格の選び方

その他

一言で、ヨガインストラクターの資格と言っても数多くあります。

ヨガインストラクターの資格の場合、国家資格などとは異なりすべて民間の資格となります。そのため、どうしても、様々なところが資格認定をしているのです。

そのため、資格選びを間違ってしまうと後で後悔するといったことも少なくありません。

そんな、ヨガインストラクターの資格選びで困ったときは、是非、以下のことを参考にして頂けたらと思います。

ヨガはヨガインストラクターの資格を持っていなくても可能

学校の先生や医師のように資格がないとできないというわけではないヨガインストラクターの仕事。そのため、無資格であってもヨガインストラクターを名乗り教室を運営することは可能です。

実際、ヨガインストラクターの資格を持たずヨガを教えている人もいます。とはいっても、ヨガの世界はそう簡単なものではありません。適当な知識で始めると非常に危険です。

そのため、ヨガスクールでの募集においてもヨガインストラクターの資格を持っていなければ採用されることは難しくなっています。

ヨガインストラクターの資格を持っていることで、最低限の知識や技術を持っているという証にもなり、ヨガインストラクターとして働く際には、絶対に有意に働くことは間違いありません。

結果として、ヨガインストラクターの場合、必ず資格が必要というわけではないものの、実際、教室を開設する際やヨガインストラクターとして働く際には、ヨガインストラクターの資格は必要になると言えるのです。

ヨガインストラクターの資格選びは認知度が重要

では、実際、ヨガインストラクターの資格を取ろうと思ったとき、次に選ばなければならないのが、どこの資格を取得するかということです。

民間資格ということで数多くあるヨガインストラクターの資格。

そこで、まず、ヨガインストラクターの資格選びに迷った際は、ある程度の認知度を確認し選ぶことをおすすめします。ヨガインストラクターとして働く際に必要になるヨガインストラクターの資格。

そのため、履歴書などにも必ず必要になるものとなります。その際、あまりにも認知度の低いヨガインストラクターの資格と認知度が高いヨガインストラクターの資格の場合、面接などで差が生じてしまう可能性があります。

認知度が高いヨガインストラクターの資格ということは、それだけ多くの人が資格を取得し、多くのヨガインストラクターを輩出しているという証にもなります。その点を重視しヨガインストラクターの資格選びを行うことが大切なのです。

そのほか、生徒と資格の話になった際も、やはり認知度が高いヨガインストラクターの資格方が生徒にも安心してもらうことが可能です。

ヨガインストラクターの資格費用が安いと飛びつくと危険

ヨガインストラクターの資格を取得する際、気になるのが費用です。決して安くはない費用。そのため、どうしても、いくら必要になるのか気になるところかと思います。

その結果、少しでも安いところを選ぼうとする傾向がありますが、それは非常に危険です。

費用が安く、しかも、短時間でヨガインストラクターの資格を取得することができると聞くと、それほど嬉しいことはないかと思いますが、こういった場合、十分な学習を受けることができない場合が考えられます。

学習の幅が狭い場合や広くても浅すぎて身にならないような学習内容になっていることも多く、中にはほとんどが自主勉強になっているようなカリキュラムのものもあります。

これでは、いくら費用が安くても実際に使用できるヨガインストラクターの資格を取得することはできません。安いからと言って飛びつくことで、結果的に損をしてしまう可能性があります。

自分に合ったヨガインストラクターの資格選びが重要

知名度や費用以外でのヨガインストラクターの資格を選びのポイントは、流派も必要です。ヨガには、いくつもの流派があります。

そのため、ヨガスクールでどんな流派のヨガインストラクターの資格を取ることができるのかということも確認しておくことが重要です。

そのうえで、自分が興味のある流派でスクールを決めていくのか?

それとも、ヨガインストラクターになったことを考え、少しでも人気のある流派を選び仕事に生かしていくのかを自分自身で選び、ヨガインストラクターの資格選びを行うことをおすすめします。

情報収集が大切

最後にヨガインストラクターの資格選びを行う際は、情報収集が最も重要です。

どのヨガインストラクターの資格が人気なのか?ヨガインストラクターとしての需要があるのか?

インストラクターはどんな人がいるのか?などを詳しくリサーチしスクール選びを行うことで失敗せずにヨガインストラクターの資格を取得することが可能となります。

どうしても費用を抑えたい場合は、弟子入りし直接、指導を受けることのほか、通信制でもヨガインストラクターの資格を取得することは可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました