ヨガインストラクターになるには何が必要か

その他

ヨガに深い興味関心を持って取り組んできた人はその知識やスキルを活かして働きたいと思うこともあるでしょう。

ヨガインストラクターとして働くのが有力な選択肢の一つですが、ヨガインストラクターになるにはどうしたら良いのでしょうか。

ヨガインストラクターになる方法は二つある

ヨガインストラクターになるには二通りの方法があります。

1.ヨガ教室やヨガスタジオからの求人募集を探す方法

一つ目に挙げられるのがヨガ教室やヨガスタジオからの求人募集を探す方法です。

大手のヨガ教室では次々に新しい教室を設置してシェアの拡大を図っています。新たな教室を開くためにはヨガインストラクターの補充が必要になるため、求人活動も活発に行われているのが現状です。

インストラクター経験がある人が優先されているのは確かですが、あまりヨガインストラクターとして即戦力の人が多くはありません。

そのため、知識やスキルについて問題がない人であれば見習いとして雇用して育てるという方針を立てていることもあるので、経験の有無によらず求人を探してみると良いでしょう。

大手であればマニュアルも用意されているので、経験がない人でも安心してインストラクターとして働き始められるのが一般的です。

2.自らヨガ教室・スタジオを開業し指導をする方法

二つ目はヨガ教室やヨガスタジオを開業し、自らヨガインストラクターとして指導をする方法です。

個人事業を立ち上げて成功したいという人も多くなってますが、その事業の候補としてヨガ教室も選択肢に入れられます。

経営者兼インストラクターという形で一人で仕事をしているケースも少なくありません。今までに人脈を作ってきたなら仲間を探して開業することもできるでしょう。

ヨガインストラクターとして働く上では、やり方を自分なりき決められるので自由度が高いのが魅力です。

ただ、利用者を募集するための宣伝広告などもしなければならないことは念頭に置いておく必要があります。

ヨガインストラクターになるために必要な準備

ヨガ教室などに採用してもらうにしても、開業するにしても、ヨガインストラクターになるには何か準備が必要なのでしょうか。

インストラクターはただヨガについての知識があったり、自分で実践できたりするだけでなく、教えられることが必須です。

どんな悩みを持っているときにはどのポーズをするのが効果的か、うまくポーズができなかったり呼吸が乱れたりしてしまっている人にどう説明すればできるようになるかといったノウハウが必要になります。

自分で取り組んできた経験や指導を受けている際に教わった内容が多いほどヨガインストラクターとして活躍できる可能性が高まります。

自分でヨガはできるけれど教えるのは心配という場合には試しにインストラクターから指導を受けてみてどんな教え方をすると良いのかを体得しておくと役に立つでしょう。

ヨガインストラクターになるには資格が必要か

事業として何かの指導をしたりサービスを提供したりするときには資格が必要なことがよくあります。ヨガインストラクターの場合にも資格が必要なのではないかと思う人もいるでしょう。

ヨガに関連する資格として日本YOGA連盟、全日本ヨガ協会、日本ヨガインストラクター協会のものが典型的です。

また、世界的に認められている全米ヨガアライアンスもあります。しかし、このような資格を取得する義務はないので無資格であってもヨガインストラクターとして働くことが可能です。

医師などのように国家資格になっていて、資格があることで特別な行為をすることの許可が得られる場合には資格がなければ仕事にすることはできません。

ヨガインストラクターの場合にはいわゆる民間資格であり、あくまでヨガを教える上で必要な知識や技術を持っていることが客観的に認められたことを示すだけの資格です。

そのため、資格があれば仕事先を探すのに有利になる、給与が上がりやすくなる、開業したときに集客しやすくなるなどといったメリットはありますが、資格がなくてもヨガインストラクターの仕事をして問題はありません。

資格の取得には時間も費用もかかるので、本当に今資格を取得する必要があるのかはよく考えてから決めるようにしましょう。

求人に応募しても採用されないから、開業してみたけれど利用者が来ないからといった理由で資格の取得に励むというのも選択肢の一つです。

まとめ

ヨガインストラクターになるには特に資格が必要なわけではなく、ヨガ教室やヨガスタジオで採用してもらうか、開業するかすればインストラクターとして働けます。

事前準備としてむしろ重要なのは指導する力を持つことで、自分でヨガができたり知識があったりすれば十分というわけではありません。

心配がある場合には指導力を育むために資格の取得を目指したり、ヨガ教室でインストラクターの指導を受けたりすると良いでしょう。

ヨガ教室に勤務するか経営者になるかで働きやすさや指導の自由度には違いがあることも考慮し、納得できる働き方を選ぶのが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました